学生の引越について

大学や専門学校への入学で一人暮らしを始める場合、引越が最初の大きなイベントとなります。

単身者ですから家族での引越と比較して料金は安くなります。
同一市内での引越であれば2万円~3万円程度。
遠距離、大荷物でも8万円前後が平均的な費用です。

しかし、学生は社会人として働き収入を得ているわけではなくお金がない身分です。
ですから引越業者では学生を対象とした学割サービスを提供しています。

学生向けのプランでは基本料金が安くなるだけでなく、通常であれば有料となる梱包の箱や家電の取り付け、家具を守るためのカバー等を無料で利用できる、一定額がキャッシュバックされる、等の特典を受けることが出来ます。

この特典は、1年中実施しているわけではなく学生が新生活の準備を始める1月から4月頃しかない期間限定の特典もあるので引越をする際には引越業者のサイトや店舗で確認する必要があります。

また、複数のキャンペーンを開催しているとすれば、同時に全てのキャンペーンを適用してもらうことは出来ないと考えるべきです。

場合によっては学割よりも他のキャンペーンを利用したほうが安く引越が出来ることもあります。

学生だから学割がお得だという先入観を持たず、引越プランを精査することが必要です。

得する学生の引越術

学生がお得に引越をするためには、引越業者に全てを任せないことがポイントです。
例えば一人暮らしをする部屋に運ぶのは服や本など身の回りのものが主体です。
ベッドやテレビ、タンス等は必要ならば実家から運びますが、新しく買い換えることも珍しくありません。

すると、荷物はごく限られた量に収まります。

単身の引越では一定容量以内であれば定額というプランがあり、服や本などがその範囲に収まるのであれば余計な出費となりますが、そうではなく追加費用が宅配便よりも高いのであれば、自分で別途送るほうがお得です。

引越をする時期についても学生の場合長期休暇があるので引越料金が高くなる繁忙期を避けて、料金が安くなる閑散期に済ませることが出来ます。

受験をする場合、繁忙期の間際まで進路がわからないことも考えられますが、推薦入試であれば少なくとも夏か秋ごろには進路が決定するので、閑散期である1月2月に引越をすることが可能です。

早めに引越の手続きをすれば早期予約割引が利用できますし、時間帯割引が併用できればさらに安くなります。

割引の併用が出来ない学割よりもはるかに安い費用で引越せるのです。

長期休暇中であれば平日も土日祝日も同じですから、平日を選ぶこともポイントです。

学割を利用して引越をするならば、二つのタイプがあると理解しておくべきです。
一つは少ない荷物で簡素なサービスをするので安い料金設定をしている学割と
安いプランに加えて何かのプレゼントがもらえたり格安家具・家電を購入できるなどのサービスが付いている学割です。

後者の学割のほうがプラスアルファがある分お得に感じるかも知れませんが、
必要ないサービスが追加されて料金が加算されるのであれば学割のメリットが少なくなります。

学割を利用するならば内容を良く確認することが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加