引越しとペット

引越でペットも共に新居に連れて行きたいというとき、ペットの輸送も行う引越業者は少なくありません。
ペットの輸送専門の業者もあります。

料金はペットの大きさごと、利用する交通手段(トラック、航空機等)により異なります。
引越業者によっては小鳥でも大型犬でも依頼一件ごとに同額の料金を請求することもあるので、大型の動物、あるいはペットの数が多い場合には料金の節約が出来ます。

具体的にペットの引越ではどの程度の料金が必要になるのかと言うと、ペットの種類で料金設定をしているならば中型犬、猫の引越では4万円から5万円が相場です。

大型犬となればプラス1万円ほど、魚や鳥などの1万万円から2万円程度です。

ペットの引越しで引越業者を利用すれば、輸送の手間を省くことが出来ますが必ずしも安全ではありません。

なぜなら、ペットの引越は人間を運ぶのとは違い貨物として運びます。
それゆえに、運搬するトラックや航空機の貨物室は湿度や温度を最適な水準に保つ設備がなく、ペットが生活するには厳しい状態で運ばれます。

飛行機で運ぶ場合、高度が高いので気圧が低く気温も氷点下まで下がることがあり、
ペットが命を失うするケースも時には起こります。
運搬中に餌やりをすることもないのでペットが衰弱することも考えられます。

ペットの引越を依頼する際、飼い主は運搬中にペットが病気や死亡したとしても責任は飼い主が負うという誓約書にサインをすることになるので万が一のことが起きたとしても飼い主は泣き寝入りするしかないのです。

ペットの安全を考えるのであれば、ペットも乗せることができるペットタクシーで人とペットを一緒に引越先に移ることも一つの方法です。

ペット運送業者をみつける

ペットの引越で運送業者を選ぶならば、人間の引越同様に十分に検討することが必要です。
いい加減な運送業者を選んだためにペットの命を危険にさらすことになり後悔することになります。

大手の運送業者であればよいというわけでなく、ペット専門の運送業者のほうが運ぶゲージやペットホテルの手配など行き届いたケアをしてくれるので安心して預けられるという方もいます。

では、どのようにペット運送業者を探すのかといえば、インターネットから閲覧できる運搬業者の検索サイトが役立ちます。

例えば、オススメのサイトとして宅配便・配送業者・運送会社の検索サイト『運び方.com』です。

個人サービスという項目でペット運搬業者を調べることが出来、出発地と到着地を選ぶだけでその地域で営業しているペット専門の運搬業者が表示されます。

リンクからサービスの詳細、料金表を見ることが出来ますし、
注目して欲しいのは飼い主の同乗が出来るかどうかを一目で知ることが可能な点です。

ペットは家族だと考えているならば、見知らぬ土地に引っ越す道中でペットに寂しい思いをさせたくないと考えるのが自然です。

途中での餌やりや精神的なケアを考えて同乗できる運搬業者を選びたい方は、
飼い主の同乗という項目に○が付いている運搬業者をピックアップして検討すればいいのです。

その他という項目では、運搬業者が独自に散歩代行や動物病院診察代行というサービスなど記載されているので、手厚いサービスを期待するのであれば、その部分を見ればスムーズに運搬業者を選ぶことが可能です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加