引越し業者の選び方

引越をすることが決定すれば、すぐに考えねばならないのは引越業者えらびです。

引越業者の情報を入手する手段としては「インターネット」「電話帳」「知り合いからの紹介」などがあり、一度引越をしたい経験があればリピーターとして以前利用した引越業者に依頼するということも考えられます。

情報の信頼性ということでいうのならば、知り合いからの紹介か以前利用した引越業者が最も高く、インターネット、電話帳は信頼できる情報と信頼できない情報が混ざります。

インターネットの口コミで、どれだけ良いことが書かれていようと、引越業者が書き込んでいる可能性もあり、誇大広告かもしれないからです。

情報を掲載した相手が見えない上に、引越業者を直接確認しているわけではないので、いざ依頼してみるとサービスの質が低いこともありえます。

知り合いからの紹介でも、引越業者を確認していないので同様の事態になるリスクもありますが、知り合いとの関係性が良好で信頼できる人物だと認識しているのであれば、わざわざ程度の低い引越業者を紹介しない、と判断することは自然です。

そうして集めた引越業者の情報を、どのように分析していくのかと言うとポイントとなるのは、引越業者の規模、社員の応対、利用者の評判です。

引越業者の規模ですが、単身者の引越であれば荷物も少ないので地元密着の中小引越業者でも問題はありません。

しかし、家族が多ければそれだけ荷物が多く作業員の人数も必要となります。

そのときに、ある程度の質を保ったサービスを提供するのはやはり大手の引越業者です。

社員の応対については、電話での問い合わせや見積もりをするときに家を訪問してきた社員がどれだけ丁寧な態度であるのか、また料金やサービス内容に疑問があるときに明確に答えることができるのかが判断する材料となります。

横柄な態度や料金をあいまいに答えるようであれば、荷物をぞんざいに扱ったり引越後に追加料金を請求される恐れがあります。

そして利用者の評判ですが、身近にいる方の評判が良いのであればそれを信頼しても大きな問題ではありません。

しかしインターネットの評判は前述のように信頼できるとは限りませんから、半信半疑を心がけて調べることをお勧めします。

悪質な引越業者例

悪質な引越業者はどのような手口を使うのか。
それを知ることは、被害を未然に防ぐ上で有用です。

例えば、見積もりと引越後に請求される価格が違うというケースです。

ネットでの一括見積もりなどを利用すれば、複数の引越業者を比較することが出来るので最も安い料金の引越業者を選べます。

しかし、その見積もりの料金に必要な項目の料金が含まれておらず、別料金が加算されてしまうのであれば価格で比較した意味がありません。

見積書、契約書にサインをするときに別料金についての確認をせず、請求されたままに支払い泣き寝入りをする方もいます。

見積書、契約書の中身を精査させないようにサインを急がせる引越業者は疑いを持つべきです。他にも見積もりを依頼しただけなのに契約したかのようにダンボールを置いていき、断るとキャンセル料金を請求する引越業者もいます。

契約は契約書にサインをして効力を持つので、キャンセル料を支払う法的義務はありません。
ダンボールを置きにきても、断固として断ることがトラブルを防ぐために有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加