マル秘引越アイテム

引越の際に少しでも手間を省くため最近では色々なアイテムがあります。

まず荷造りの際に少しでも荷物を小さくまとめ、
荷物を減らすために良く使うのが「圧縮袋」です。

特に大きなもの(布団や毛布、ダウンコート類、ニット類、ぬいぐるみなど)は圧縮しておくと、運ぶ際も楽ですし、段ボールが増えてゴチャゴチャになるのもある程度緩和し、
布団などは布団袋が何個もあるだけで部屋一つ分になることもあるので、利用すると便利です。

引っ越し業者によっては布団袋にわざわざ入れなくても圧縮したままの布団を運び出してくれるので引越が決まったらすぐに使わない布団を圧縮しておくと良いでしょう。

そして、荷造りの際にあると大助かりなのが太字の油性マジックです。
引っ越し業者の段ボールには「どこのフロア どこの棚 中身」などをチェックし記載する項目が書かれている場合や何も書かれていないものなど色々です。

ある程度奥まったところに積んであっても一目で中身がわかる「太字マジック」は
2、3本荷造りの際常にそばに置いておくと良いです。

あとは新聞紙。

梱包用のエアキャップやハッポウスチロールをくれる引越業者も多いですが、
大きめのお皿や陶器、花瓶などは新聞紙の方が包みやすいです。

引越前にゴミとして古新聞を出すよりも是非とっておいた方が良いです。

あと、手続き関係や書類関係がゴチャゴチャしてどこに入ったかわからなくなる場合が多いですよね。

そこで、引越関係の書類専門のファイルを作り、そこに光熱費などの支払い方法、
振込み方法、他の手続き関係のものを全て納め「〇月〇日 〇〇から〇〇への引越書類」としてひとつにまとめておくと便利です。

同じく、手続きなどの方法や期限をメモできる引越専門のアプリが配布されているので、
そういったものを利用する事で忘れてしまうのを防げます。

引越先で使いたいもの

引越先でスムーズに生活をするために、まず何から手をつけたほうが良いか色々な方法があると思います。

引越先で最初にした方が良い事1位

照明のとりつけ

これはもし昼間に引越荷物搬入があったとしても、
そのまま整理や配置をしているうちにいつのまにか暗くなっている場合が多いはずです。
しかも、ご飯を食べに行ってから改めて作業をしましょうとか思っていて、帰ってくると既に暗いという場合もあります。
まずは、照明だけは設置して作業を行うと安心です。

引越先で最初にした方が良い事2位

カーテンの取り付け

1位ともかぶる内容ですが、暗くなった中で作業を続ける場合、どうしても外から丸見えです。なので、出来れば照明設置とセットでカーテンの設置を行う方が安心して作業が出来ます。

引越先で最初にした方が良い事3位

押入れの除湿用品の設置

押入れやクローゼットに荷物を入れる作業の前に、
予め除湿用品や防虫剤を入れておくほうが効き目もよく、
あとで入れるとなると荷物を出して入れてと二度手間になりますので先に入れましょう。

引越先で最初にした方が良い事4位

キッチンの棚シート・トイレットペーパーなど備品の設置

キッチンの棚シートはお皿やお鍋を入れる前に敷いておくと便利です。
そして、生理現象は常に起こりますので先にトイレットペーパーは多めに用意しておくと良いです。

引越先で最初にした方が良い事5位

携帯充電器の確保

引越の際ガスの開栓、水道の開始など各種手続きや不動産とのやりとり、
引っ越し業者とのやりとりなど携帯電話をフル活用する事が多いです。
なので、少しでも充電を確保しておく必要があるので充電器の設置は早めに行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加