買い取り業者に頼みたい

引越の際、荷物をまとめつつどうしても処分したいものや、
すでに数年着なくなった衣類そして新しい家には必要ないものなど色々なパターンで処分するものが沢山出てきます。

特に遠方への引越や海外赴任の際の引越などはできるだけ費用を抑え、
身軽な状態で引っ越すためにも処分するものが増えてきます。

そうした場合、粗大ゴミとして処分しなければいけないものや持ち出すのが困難な本類、
リサイクル費用が取られる家電類は特に処分するのが大変です。

粗大ゴミで処分できるものは各自治体や民間の回収業者が主に引き取ってくれます。

どちらも回収料金が取られますが、自治体の場合は料金が安い代わりに有料ゴミ回収券が必要だったり平日の回収、自治体からの日時指定などの多少の手間が必要になります。

一方民間の回収業者の場合は運び出しや解体をしてくれ(別途費用がかかる)、
日時の指定が出来、急な場合でも対応してくれる代わりに料金が割高になります。

また、本類の場合はゴミの日に回収してもらう方法もありますが、古本を専門に扱う業者や本・ゲームなどのリサイクルショップに連絡する事で出張買取をしてくれますので便利です。

同じくリサイクル費用が取られる家電類や粗大ゴミだと料金が取られる家具類などももリサイクルショップの出張買取によって自宅で見積もりを出し買い取ってくれるのでとても便利です。

※家電回収は各メーカー、各自治体、民間業者によって行われており、料金も異なります。回収項目は家電リサイクル法に基づきエアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯乾燥機の4つの項目です。

家電のリサイクルと処分

引越の際や故障の際に処分に困るのが家電です。

新しい商品を購入の際にリサイクルサービスを行っている家電量販店もありますが、
そういうサービスの無い場合はどのように処分するのがお得なのかわからないまま処分する場合が多いはずです。

家電のリサイクルについては平成14年に施工された「家電リサイクル法」に基づき、
エアコン・テレビ・電気冷蔵庫・電気洗濯機や乾燥機 の4品目がリサイクル費用を負担しなければならず、その回収の役目を持つのが各自治体や家電メーカー、家電量販店、リサイクル業者になります。

故障以外で買い換えるならばリサイクルショップの買取サービスで買い取ってもらうというのが一番お得です。

しかし、故障の場合の処分となると出来るだけお安く済ませたいものです。
自治体や回収業者の中には持ち込み無料という場合もあるようですが、
ほとんどの場合は有料となります。

料金は大きさやカテゴリによって変わりますがリサイクル料金プラス収集や運搬料金となります。

持ち込みの場合はできるだけ費用が抑えられます。

方法は郵便局などでリサイクル用の用紙を購入しリサイクル費用を振り込みます。
購入した用紙を家電に貼り付けて業者に持ち込むという方法です。
詳しくは各自治体や家電メーカーなどに問い合わせるのが良いでしょう。

また、引越の場合は引越業者での回収と言う方法もありますが、場合によっては無料の場合もありますので引越で処分する場合は引越業者に見積もりの際に問い合わせてみると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加