急な転勤・少しでも安く済ませるには

急な引越の場合、とても焦ります。
急に引越が決まる場合、多くは転勤による引越です。

転勤による引越

企業によっては2週間前や1週間前に転勤を言い渡される事もあり、
そのような場合は引越業者選びや各種手続き、荷造りなど大きな負担となります。

引っ越し業者選びの時間もほとんどありませんので、
ネットなどで即時問い合わせを行い見積もり日を最短でお願いし、
まずはできるだけ早く見積もりを出してもらう事が必須です。

その際に高額費用の発生を抑えるため、
引越日を多少ずらす事も必要になります。

例えば土日祝日にかかってしまう場合はその日を除いてみたり、
引っ越し業者側で高速道路の利用や渡航費用などが発生する場合は1日程度の余裕を持ち、
交通費用が抑えられるように見積もりを出してもらうようにしましょう。
また、荷造りの際の人件費や梱包費用も抑えられる場合がありますので、
荷造りはできるだけ自ら行い、梱包材も新聞紙や持ち合わせのものを利用する事で費用が安く済みます。

ただ、荷造りに時間がかかり各種手続きを忘れる事が無いよう、
引っ越し業者の公共手続きのサービスを活用し時間の無駄を省く事が大事です。

引っ越し業者のサービス

例えば ・各種公共料金の住所変更や解約手続き

  • 引越先の近所への粗品の準備
  • トラクルームの手配

などが急な引越の際にはとても便利なサービスです。

また、費用を抑えるためにいらない家電や粗大ゴミ、本類などはリサイクルショップの出張買取サービスなどを利用すると荷物の量が減り積み込みの料金がお安く済むこともありますので活用すると便利です。

 急な転勤

急な転勤などでの引越の際は、
どんなになれている転勤族でも毎回大変です。

まず、一番面倒なのが水道・ガス・電気・電話や新聞、プロバイダなどの住所変更の手続き、解約、住民票の移動などです。

引っ越し業者によっては代わりに行ってくれる業者もありますが、
住民票の異動手続きは自分達で行わなければならないので注意が必要です。

急いでいる場合引越が終わってから手続きを忘れている事に気付くこともあり、
その後のトラブルに繋がる事もあります。

こういった引越の際に必要な手続き、引越しまでにしなければいけない項目はスマートフォンのアプリやネットの引越リストなどを活用しスムーズに出来るようにするのが良いです。

また、急な転勤で引越先への下見が出来ない場合もありますので、
住居が決まったならばストリートビューや地域情報を活用し少しでも近隣の環境を把握する事が必要です。

まず、近所のスーパーやコンビニの位置、最近ではコンビニで用は足りる場合が多いですがATMや銀行・郵便局の位置、車をお持ちの方はガソリンスタンドの位置、新居に足りないものを購入する際にあると便利なホームセンターの位置くらいは把握しておくと良いでしょう。

また、赴任先の会社から新居までの道や各公共機関の駅・バス停の位置、所要時間。
これらはインターネットが開通するまで時間がかかる事もあるので、
スマートフォンやタブレットなどに予め必要な項目をブックマークしすぐに活用できるようにしましょう。

最近では専用のアプリもあるので便利です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加