引越しのピーク

引越をする上で、注意しなければならない重要なこととして『繁忙期』があります。

繁忙期はその名の通り引越業者の忙しい時期、つまり引越のピークを指しており、3月から4月は大学生、新社会人が新生活を始めるため、普通の社会人でも移動で転勤をするために引越作業が集中します。

また転勤の時期は9月にもありますから、3月から4月、そして9月ごろが引越の繁忙期に当たります。

そして、平日は引越を行いにくく土日祝日に依頼が集中することを考えれば、土日祝日も繁忙期といえます。

繁忙期は引越業者からしてみれば、書入れ時ではありますが同時に人手不足を招きます。

それゆえに、引越が出来る件数にも限度がありどうしても引越をしたいというのであれば割高の料金を支払わなければなりません。

どの程度の割高になるのかというと、繁忙期の料金は通常の料金の1.5~2倍になることもあります。

夫婦二人子供二人の引越料金の平均はおよそ11万円程度ですから、繁忙期では15万5千円から22万円かかる計算です。

もちろん、荷物を運ぶ距離や引越業者により料金を抑えることも可能ですが、出費が多くなることは避けられません。

また、引越業者が人手不足を補うために大量のアルバイトを雇うことで、未経験者が荷物を運ぶことが考えられます。

壁や床は養生してありますが、家具や家電を乱暴に扱われ傷ついたり故障したりするリスクがあります。

新築への引越で家に傷が付けば、そこで何十年も生活しなければならないので精神的にもよくはありません。

では、逆に引越をしやすい時期はいつかというと、新生活、転勤が終わり生活が落ち着いた6月、11月から1月ごろの閑散期です。

この時期は逆に通常の引越料金から値引きが行われやすく、スタッフもアルバイトが少なくベテランが作業にあたるので家や家財一式のことを心配する必要はありません。

引越のタイミングには

引越をしたいと考えるのであれば見積もりや梱包の準備などもありますから、当日に引越業者に申し込むことは出来ないことではありませんが容易ではありません。

ましてや、繁忙期であれば引越業者のスケジュールに空きがないのでほぼ確実に断られます。
では、引越にどの程度の日数を要するのかというと、物件購入・新築など予定がある程度前に把握することが出来る場合の引越では3ヶ月以上前に契約することが可能ですが、大学入試や転勤は2ヶ月、3ヶ月前、遅ければ数週間前に決定するものですからそれほど余裕を持つことが出来ません。

平均的な準備期間としては1ヶ月から1週間前に引越業者を選び、そこから梱包作業をして転居する当日に引越です。

それでも時間の余裕がないのであれば、最短で出来る引越術を実行することです。

まず見積もりはネットで数分かければ結果が出てくるので費用やサービス内容で妥当だと思われる業者を一つ選びます。

引越業者の契約を済ませ、電気ガスなどのライフラインを旧居では止めて新居で開くための手続きを電話で行います。

梱包については普段から収納ボックスを活用していればそのまま運ぶことが可能なので、あらためて梱包する手間を省くことが出来ます。

収納ボックスが使えない普段使いの食器や小物もありますから、そこは作業しなければなりません。

日中は仕事や勉強で作業が出来ず、手が足りないのであれば引越業者の前日梱包サービスを利用すれば費用はかかりますが時間は節約できます。

荷物が多ければ不用品の処分をリサイクル業者に依頼すれば運ぶ荷物を減らせますし引越費用の足しにもなります。

運搬の作業に関しては、引越業者が行うので自分が出来ることはほとんどありません。

言い換えればそれまでの作業をスムーズに行うことが出来れば、数日前に準備を取り掛かっても引越を無事成功させることが出来ます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加